プラモデル・模型メーカー【有限会社プラッツ】静岡 PLATZ Co.,Ltd.
会社概要お取引をご希望の方

静岡のプラモデル・模型メーカー(有)プラッツ|飛行機・戦車などの製造・販売

様々なジャンルのプラモデルを創造するメーカー[PLATZ] Tel.054-345-2047

新製品情報飛行機AFV鉄道車キャラクターフィギュア輸入商品その他取扱商品
ホーム | 

1/72 アポロ・ソユーズ テストプロジェクト アポロ18号&ソユーズ19号

1/72 アポロ・ソユーズ テストプロジェクト アポロ18号&ソユーズ19号
6,930円
  • モデル: DR11012
  • メーカー: ドラゴン/DRAGON

商品の特長

[NEW]

2020年1月発売予定

プラスティックモデルキット

コード:4545782031591

アポロ・ソユーズテストプロジェクトについて

宇宙でも覇権を競って開発競争を繰り広げていたアメリカとソビエトが初めて手を握って宇宙開発計画に挑んだプロジェクトがアポロ・ソユーズ テストプロジェクトでした。
宇宙空間の軌道上でアメリカのアポロ宇宙船とソビエトのソユーズ宇宙船がドッキングするという計画で船内ガスの構成や気圧の違いなどもあり、その調整をするためのドッキング部を作るなど、各種技術的な問題を解決するため入念に準備が行われたのちに実施されました。
時は1975年7月17日。
地球軌道高度222kmの大西洋上で両国の宇宙船はドッキングに成功したのです。
アポロ宇宙船に搭乗していたのはスタッフォード、ブランド、スレイトンの 3名、ソユーズにはレオーノフ、クバソフの2名が乗り組んでいました。
ドッキングは44時間にわたり、相互訪問など各種セレモニーも実施。
この時の技術はその後のスペースシャトルや国際宇宙ステーション、ISSなどの活動に生かされていいるのです。


モデルについて

モデルは1975年に実施されたアメリカとソビエトによる宇宙開発の共同実験、アポロ・ソユーズテストプロジェクトの2つの宇宙船を1/72スケールで再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
アポロ18号とソユーズ19号をそれぞれ細部まで詳細に再現し、歴史的なドッキング状態でモデル化しています。
完成後はディスプレイスタンドもセットされ、ドッキング状態で宇宙空間を 飛行する様子を再現。
アポロ、ソユーズはそれぞれ、機体表面のディテールはもちろん、ロケットのノズルやソーラーパネル、アンテナなどのパーツ類もしっかりと表現され、メカニカルな仕上がり。
さらに、ドッキングに新たに開発されたドッキングモジュールももちろん モデル化。
表面にアルミホイルを貼った質感も実感たっぷりに表現されています。
歴史的なドッキングの様子に当時新たに開発された部分も興味深く組み立てていただけることでしょう。
モデルだからわかる形、メカが宇宙モデルファンには見逃せません。

主な特徴

  • 1975年にアメリカとソビエトが協力して実施された初の宇宙開発プロジェクト、アポロ・ソユーズテストプロジェクトを1/72スケールで再現
  • アポロ18号とソユーズ19号をそれぞれ細部まで詳細に再現 
  • 歴史的なドッキング状態でモデル化
  • 完成後はディスプレイスタンドもセットされ、ドッキング状態で宇宙空間を飛行する様子を再現可能
  • アポロ、ソユーズはそれぞれ、機体表面のディテールはもちろん、ロケットのノズルやソーラーパネル、アンテナなどのパーツ類もしっかりと再現
  • ドッキングに新たに開発されたドッキングモジュールももちろんモデル化 
  • 表面にアルミホイルを貼った質感も実感たっぷりに表現




 | ホーム |