プラモデル・模型メーカー【有限会社プラッツ】静岡 PLATZ Co.,Ltd.
会社概要お取引をご希望の方

静岡のプラモデル・模型メーカー(有)プラッツ|飛行機・戦車などの製造・販売

様々なジャンルのプラモデルを創造するメーカー[PLATZ] Tel.054-345-2047

新製品情報飛行機AFV鉄道車キャラクターフィギュア輸入商品その他取扱商品
ホーム | 

ドラゴン 1/35 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz.251/16 Ausf.C 火炎放射型

ドラゴン 1/35 WW.II ドイツ軍 Sd.Kfz.251/16 Ausf.C 火炎放射型
7,344円
  • モデル: DR6864
  • メーカー: ドラゴン/DRAGON

商品の特長

[NEW]

発売中

コード:0089195868640

プラスチックモデルキット

実車について



第二次世界大戦でドイツ軍が配備、運用したハーフトラックのひとつがSd.Kfz.251です。
Sd.Kfz.251は3tハーフトラックをベースに開発された装甲兵員輸送車で、基本の装甲兵員輸送車タイプのほか多くの派生型が作られています。その中で火炎放射器を搭載したのがSd.Kfz.251/16です。
ケーベ社が開発した口径1.4cmの火炎放射器を戦闘室の両側面上部の架台に左右計2基装備。車体には合計700リットルの容量を持つ火炎放射器の燃料を入れる燃料タンク2個と噴射ポンプ、そして、ポンプを作動させるための補助エンジンが搭載されていました。約2秒間の火炎放射を80回程度、連続して行うことができたといわれています。

火炎放射器担当の射手は耐熱服を着て頭部にはマスクとゴーグルを装備していました。1934年1月から350両近くが生産され、装甲擲弾兵や装甲戦闘工兵部隊に配備。その威力を発揮したのです。

キットについて



モデルは第二次世界大戦でドイツ軍が運用した装甲兵員輸送車、Sd.Kfz.251に火炎放射器を搭載したタイプ、Sd.Kfz.251/16を再現。
車体はSd.kfz251のC型をベースにしたタイプをモデル化。その特徴あるスタイルはもちろん、オープントップの戦闘室も詳細に再現。左右に各1基取り付けられたケーベ式火炎放射器は本体のほか燃料タンク、噴射ポンプなども再現され、凝縮した密度感にあふれた仕上がりが楽しめます。

さらに、火炎放射器の射手フィギュアも2体セット。頭部は通常のフィールドキャップ装着タイプとマスクを装着したタイプの2種類を用意しました。また、運転席に座るドライバーのフィギュアもセット。フィギュアはDS素材で成形されています。
足回りも繊細に表現されたスプロケットホイールやロードホイールとともに実感たっぷりです。

数々のバリエーションタイプが生産されたSd.Kfz.251のラインアップを一層充実させる1台です。



  • 第二次世界大戦のドイツ軍ハーフトラック、Sd.Kfz.251に火炎放射器を搭載した車両を再現
  • DS素材で成形された火炎放射器の射手フィギュアを2体と運転席に座るドライバーのフィギュアもセット
  • 車体はSd.kfz251のC型をベースにしたタイプをモデル化
  • 特徴あるスタイルはもちろん、オープントップの戦闘室も詳細に再現
  • 左右に各1基取り付けられたケーベ式火炎放射器は本体のほか燃料タンク、噴射ポンプなどもリアルにモデル化
  • 射手フィギュア2体の頭部は通常のフィールドキャップ装着タイプとマスクを装着したタイプの2種類を用意



 | ホーム |