プラモデル・模型メーカー【有限会社プラッツ】静岡 PLATZ Co.,Ltd.
会社概要お取引をご希望の方

静岡のプラモデル・模型メーカー(有)プラッツ|飛行機・戦車などの製造・販売

様々なジャンルのプラモデルを創造するメーカー[PLATZ] Tel.054-345-2047

新製品情報飛行機AFV鉄道車キャラクターフィギュア輸入商品その他取扱商品
ホーム | 

ドラゴン 1/35 WW.II 日本帝国陸軍 四式軽戦車 ケヌ

ドラゴン 1/35 WW.II 日本帝国陸軍 四式軽戦車 ケヌ
6,264円
  • モデル: DR6854
  • メーカー: ドラゴン/DRAGON

商品の特長

[NEW]

発売中

コード:0089195868541

実車について



1935年(皇紀2595年)に制式化され2000両以上が生産された傑作軽戦車九五式軽戦車は、その機動性を活かし日本陸軍戦車部隊の中心となって戦うべく各戦線に投入されました。
しかし主砲の3.7cm戦車砲では対戦車戦闘においては威力が不足するため、より強力な火砲を搭載しての火力向上が求められたのです。
まず、九五式軽戦車の車体に九七式中戦車“チハ”が装備していた5.7cm砲を搭載することが検討され、三式軽戦車が作られました。
しかし九五式戦車の砲塔そのままでは砲塔内に全く余裕がなく実用性に欠けるため、試作のみに終わったのです。
そこで、今度は九七式中戦車の主砲だけではなく砲塔ごと九五式軽戦車の車体に組み合わせることでその問題を解決し作り出されたのが四式軽戦車でした。
車体側の砲塔リングを改修して九七式中戦車の砲塔に合わせて拡大するなどして、九五式の車体と九七式の砲塔を合体。
1944年(皇紀2604年)に4式軽戦車として制式化されたのです。
試作車両のほか数両が作られ本土決戦用に国内部隊に配備されました。

モデルについて

第二次世界大戦で日本陸軍が開発した四式軽戦車を再現した1/35スケールのプラスチックモデル組み立てキットです。
傑作キット「九五式軽戦車」を生み出した日本人設計スタッフが再集結し、実車取材に基づき正確で繊細なキット化が実現しました。

実車取材に基づいて新設計し新金型パーツを製作した九七式中戦車の砲塔は、スライド金型による一体成型パーツで左右非対称の形状を正確にモデル化しています。
さらに、砲塔下部パーツには砲塔リングの旋回用の歯も再現しています。砲塔に搭載される5.7cm戦車砲も砲身や駐退機、砲尾部分まで細かく再現。

また、車長用キューポラパーツもスライド金型を使って側面の細いスリットなど、ディテールをしっかりと表現しています。
くわえて、特徴ある砲塔の鉢巻アンテナは高さの異なる2種類のパーツをセット。どちらか選んで組み立てていただけます。

車体や足回りはすでに発売中の九五式軽戦車のものを使用。
スライド金型を使った車体下部パーツは一体パーツで組み立ても確実。
シーソー式のサスペンションや転輪、起動輪などの繊細な仕上がりにくわえて、組み立てやすいベルト式のDSトラックが足元を引き締めます。
また、車体前面装甲は新設計・新金型の別パーツで専用部品を用意。
九五式と異なるディテールを正確に再現しています。

日本戦車ならではの独特な形状、デザインを持った車体上部パーツもスライド金型を使って詳細にモデル化。
機関室の点検用ハッチ類は開閉を選択して組み立て可能。
ハッチの内側には異物侵入防止用メッシュをエッチングパーツで再現し、リアリティを高めます。
さらに、操縦手用ハッチは九五式と異なり固定式となった形状をしっかりと表現。覗視扉も開閉選択式です。

仕上がりの全長約12cmの軽戦車は日本戦車ならではのデザインを楽しめる1両です。
すでに発売中の九五式軽戦車などとともに日本戦車の魅力を存分にお楽しみください。
そして95式戦車初回生産分に付属して好評いただいたあの竹一郎氏による日本限定特別ボーナスパーツ戦車兵フィギュアが初回限定生産分のみ付属します。
2016年末を飾る、最注目アイテムです!!

主な特徴

  • 傑作キット「九五式軽戦車」を生み出した日本人設計スタッフが再集結し、実車取材に基づき正確で繊細に キット化した四式軽戦車ケヌ
  • 初回限定生産分のみ竹一郎氏による日本限定特別ボーナスパーツ戦車兵フィギュアが付属
  • 砲塔は実車取材に基づき新設計・新金型パーツで左右比対称の形状をリアルにモデル化
  • 車体前面装甲は新設計・新金型の別パーツで専用部品を用意。九五式と異なるディテールを正確に再現
  • 特徴ある砲塔の鉢巻アンテナは高さの異なる2種類のパーツから選択して組み立て可能 
  • 履帯は組み立てやすいベルト式のDSトラック


 | ホーム |