プラモデル・模型メーカー【有限会社プラッツ】静岡 PLATZ Co.,Ltd.
会社概要お取引をご希望の方

静岡のプラモデル・模型メーカー(有)プラッツ|飛行機・戦車などの製造・販売

様々なジャンルのプラモデルを創造するメーカー[PLATZ] Tel.054-345-2047

新製品情報飛行機AFV鉄道車キャラクターフィギュア輸入商品その他取扱商品
ホーム | 

ドラゴン 1/35 WW.II ドイツ軍 I号対戦車自走砲 4.7cm PaK(t) 前期生産型

ドラゴン 1/35 WW.II ドイツ軍 I号対戦車自走砲 4.7cm PaK(t) 前期生産型
7,344円
  • モデル: DR6258
  • メーカー: ドラゴン/DRAGON

商品の特長

発売中

プラスチックモデルキット



CODE:4545782028706

実車について



第二次世界大戦初期、1940年から41年にかけて約200両が生産されたのがI号4.7cm対戦車自走砲です。1939年当時、旧式化し始めていたI号戦車の車体を利用し、対戦車砲を搭載した自走砲の開発が検討されました。
車体はI戦車のB型の車体を利用。砲塔を取りはずした後にオープントップの戦闘室を設け、そこに4.7cm対戦車砲を搭載していました。4.7cm砲は1939年に併合されたチェコのシュコダ社が開発した砲でドイツ陸軍が4.7cmPaK(t)として制式化したものでした。
1940年5月のフランス侵攻作戦で独立戦車駆逐大隊に配属されて実戦デビュー。その時の活躍が評価されて追加生産計画されるとフランス戦での経験を活かして戦闘室が大型化されるなどの改良が施されたのです。
4.7cm対戦車自走砲はその後、北アフリカ戦線や東部戦線などで1943年頃まで活躍を続けたのです。

キットについて



1/35スケールで試作対戦車自走砲、ディッカーマックスを再現したプラスチックモデル組み立てキットです。

戦闘室内部も密度感ある再現が楽しめるのはオープントップ車両ならでは。主役の10.5cm砲は砲身基部、各種操作ハンドルや砲架など、メカニカルで繊細な仕上がり。加えて、戦闘室を囲む装甲板の内側に装備される各種収納ボックスや装備品の数々が再現され、戦闘室床面のディテールもリアリティを高めます。戦闘室を囲む装甲板も形状はもちろん、溶接後などの表現も実感たっぷり。リヤのハッチは開閉を選択して組み立ても可能です。
車体下部はIV号戦車のリーフスプリング式サスペンションを立体感豊かにモデル化。車体下面のディテールもしっかりと表現しています。また、転輪はホイール部分と外周のタイヤ部分が別パーツ化され、塗装に便利な構成。フェンダー上の車載工具も仕上がりを高めます。
履帯には組み立てが手軽なベルト式のDSトラックを採用。トレッドパターンなどのシャープな再現で足元を引き締めます。ユニークな試作車両のキットはIV号コレクションの幅を広げる1台です。オープントップ車両の充実したモデリングをお楽しみください。

主な特徴



  • I号戦車をベースにオープントップの戦闘室を設けて4.7cm砲を搭載したメカニカルなスタイルを詳細に再現
  • 装甲のエッジ部分は実車の厚みをしっかりと表現
  • エンジンハッチは開閉が選択可能
  • 車体上部、エンジンデッキは複数パーツで初期型の形状、ディテールを正確にモデル化
  • マーキングは第521猟兵大隊をはじめ、計7種のマーキングをセット


 | ホーム |