プラモデル・模型メーカー【有限会社プラッツ】静岡 PLATZ Co.,Ltd.
会社概要お取引をご希望の方

静岡のプラモデル・模型メーカー(有)プラッツ|飛行機・戦車などの製造・販売

様々なジャンルのプラモデルを創造するメーカー[PLATZ] Tel.054-345-2047

新製品情報飛行機AFV鉄道車キャラクターフィギュア輸入商品その他取扱商品
ホーム | 

1/72 WW.II ドイツ軍 IV号戦車 J型最終生産型

1/72 WW.II ドイツ軍 IV号戦車 J型最終生産型
3,960円
  • モデル: DR7629
  • メーカー: DRAGON/ドラゴン

商品の特長

[NEW]

2021年2月発売予定

プラスチックモデルキット

コード:0089195876294

実車について

第二次世界大戦中、ドイツ軍兵士の間で高い信頼を集めた戦車がPz.Kpfw.161、IV号戦車でした。
1936年に生産が開始され、当初から余裕のある車体設計などが施されたことから基本的なディメン ションを変えることなく戦況に合わせて数々の改良、強化が続けられ約8,500両が生産。
大戦初期から終戦まで、全期間を通して運用されました。
その中で最終生産型となったのがJ型です。
その前のH型の後継タイプとの違いは改良というよりも、装備を簡素化し生産を容易にし、燃料消費を抑えることを図るなど、簡略化型といえます。
もっとも大きな違いは砲塔の旋回用モーター電源の発電用補助エンジンが廃止され、手動となったことでした。
1944年6月から45年3月にかけて生産され、各戦線で終戦まで奮戦を続けたのです。

モデルについて

モデルは1/72スケールでドイツの軍馬と呼ばれたIV号戦車の最終タイプであるJ型の中でも最終生産型を再現したプラスチックモデル組み立てキットです。
このキットではワイヤーメッシのサイドスカートをエッチングパーツでシャープに再現しているのが見どころ。
サイドスカートブラケットも合わせてエッチングパーツで表現しています。
それを取り付ける車体は下部パーツを新規のスライド金型で一体成型。
リターンローラーマウントなども一体で再現されています。
車体下部パーツ以外にもフロント装甲プレートやスライド金型を使って再現された左右フェンダーパーツなども新規金型で形状、ディテールを正確に再現。
車体後部には最終生産型ならではの消炎マフラーを再現してリアルな仕上がりです。
車体上部も一体パーツ。エンジンデッキのディテールも繊細に再現されています。
IV号J型の砲塔を形状まで正確に再現した砲塔には新規パーツでマズルブレーキも一体で再現した砲身をセット。
キューポラとスイベルハッチも新規金型で再現されています。
一体パーツで表現されたリターンローラーや一体式の履帯パーツの採用など、組み立ての手軽さも見逃せません。
1/72 IV号戦車のラインアップを埋めるのに欠かせない1台です。

主な特徴

  • 1/72でドイツのIV号J型の最終生産型を再現
  • 完成時サイズは全長約7.5cm、幅は約4cm
  • 車体下部はスライド金型を使った一体の新規パーツ
  • ハンドル付きフロント装甲板や左右フェンダー、主砲砲身、キューポラとハッチなど、新規パーツで詳細にモデル化
  • メッシュのサイドスカートはエッチングパーツを用意

完成時サイズ:全長 約75mm
パッケージサイズ:190×290×45mm


 | ホーム |